Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    初めての天然酵母パン

    この1週間は初めての酒粕酵母のパン作りに奮闘しました。

    3か月ほど前に仕込んだ酒粕酵母、(酒粕と水と砂糖を瓶に入れて数日おくと泡が出てきて酵母になります)
    元気がないので生の葡萄を2つほど放り込んだら2,3日後にブクブク泡が出てきました。
    ヨッシャー!!と、強力粉に酵母液やその他の材料を混ぜて1次発酵させたところ・・・膨らみません。
    でもせっかくなので焼いてみたところ、焼きあがりもやはり全然膨らまず、しかも超すっぱくてエグイ味
    失敗の原因は、まず酒粕酵母を3か月も置きっぱなしで古かったこと。すでに酸っぱい匂いがしていたのに、発酵の香りと勘違いしていました^^;
    あとは酵母が出来上がっていきなり強力粉を混ぜてパン生地を作ったこと。通常は出来上がった酵母液から更に中種、元種作り、と段階を得ないといけなかったこと。ひと手間もふた手間もかかるのね。
    もう一つ、1次発酵の時に生地が膨らまないので直射日光に当てて温め続けたこと。高温になると酵母菌は死んでしまうらしい・・・
    たくさんの粉を台無しにしてしまいましたが、以上の教訓を生かして、再度パン作りに挑戦してみました。

    まずは酒粕をちぎって瓶に入れ、少量の砂糖を加え水に浸し蓋をする。1日2回瓶を振り、蓋を開けて空気を入れる。3日後、しゅわしゅわと泡が出てきました。これで酵母液の完成。
    酵母液2
    失敗した時に使った葡萄もそのまま入れました。
    前回と違って甘い香り

    パン生地を作る前に、この酵母液を使って中種を作ります。
    酵母液に強力粉と水を混ぜて一晩おく。
    中種
    酵母液50g、水50cc、強力粉50g
    ヨーグルトみたいなドロドロ加減

    中種2
    翌朝、2倍以上に膨らんでました!
    中種3
    細かい気泡が出てきます

    これにまた同じ分量の酵母液、強力粉、水を入れて時間をおく。(中種の熟成)

    この間に、(ちょっと話は変わりますが)阿部サダヲ主演の「シダの群れ」を観に大阪ビジネスパークへ行きました。
    OBP.jpg

    裏社会で生きるヤクザの抗争や人間模様を描いたストーリーだったのだけれど。。。
    いまいち話がよく理解できず、よって共感もできなかった。^^;
    でも豪華なキャスト(江口洋介、小出圭介、風間杜夫などなど)で、主演の阿部サダヲのCGのような軽快な演技に圧倒、魅了され、全体としては面白かったです。ラストも衝撃的で、終わったあと4回もアンコールが沸き起こりました。

    さて、帰宅後の中種の様子は・・・
    ガックリ。全く膨らんでません
    でも匂いは酸っぱくないし、気泡が出ているので、ダメ元で進めました。

    中種に強力粉、水を混ぜてまた数時間おき、これで元種の完成。

    元種、強力粉、水、砂糖、塩を混ぜて捏ねてパン生地を作り、1次発酵、2次発酵を経て焼いてみました。

    天然酵母パン
    元種もその後の1,2次発酵も膨らまなかったけど、焼いてみると意外と膨らみました。

    この世でパンを初めて作った人は天才だな。
    スポンサーサイト

    Appendix

    プロフィール

    ボサベガ

    Author:ボサベガ
    誕生日:7月7日
    血液型:O型
    特 徴:のんびり屋
        方向音痴
    ボサノバ、旅行、温泉、甘いものが好き。

    最近の記事

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。