Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ぬか漬け

    たまたま通りかかったお米屋の店先に米ぬかが置いてあるのを見つけた。一袋60円、安い!
    最近手作りのぬか漬けに興味があったので早速購入した。
    インターネットなどでぬか床の作り方や必要な材料を調べて、適当につくってみた。

    nuka1
    ぬかとその他の材料(昆布、鷹の爪、いりこ)

    nuka2.jpg
    ぬかをフライパンで炒る。
    あふれそう・・・

    nuka3.jpg
    炒ったぬかに熱湯、塩、その他の材料、くず野菜を混ぜてぬか床の完成!!
    でもおいしいぬか漬けの味になるまでに数週間かかるらしく、毎日混ぜて空気を入れないといけない。

    そして数週間経過・・・
    きゅうりやにんじんを漬けていただいている。
    正解か不正解かよくわからない味だけど、早く我が家の味になるといいな
    スポンサーサイト

    軽井沢旅行2

    7時起床、朝風呂にゆっくり浸かって目を覚ます。
    朝食は最初に出てきたコーンスープが甘くて溶けそうなおいしさだった。手作りのパンやキッシュ、高原野菜のサラダ、ヨーグルトなど時間をかけて優雅にいただいた。
    今回の宿泊選びのポイントは、
    1. 地元の素材を使ったお料理を出してくれる 
    2. 部屋が少数で落ち着いた雰囲気 
    3. 温泉がある 
    4. お手頃な価格
    創作フレンチのおいしいお食事、気持ちのいい天然温泉、清潔で落ち着いた雰囲気のインテリア・・・細部にまでこだわりが感じられ、とても居心地がよくまた泊まりたいと思った。

    オーナー夫妻にお礼を言って宿を後に、軽井沢駅へ。
    40分ほどで到着(シーズンオフの時期は10分ぐらいで行けるらしい)、駅近くの駐車場に車を停めて旧軽銀座へ。途中に数軒ある「腸詰屋」で試食のはしごなどしながら約2キロの道のりを歩いた。
    旧軽銀座は観光客でいっぱい。色とりどりのジャム(コンフィチュール)やフルーツビネガーの瓶詰めがきれいに並んでいるお店がたくさんあり、どれにしようか迷ってしまう。いろいろ物色して蕎麦のパスタとピクルスの瓶詰めを購入した。
    旧軽銀座から軽井沢駅までバスが出ているけどいくら待っても時刻どおり来ないので、昼食場所を見つけながら徒歩で帰ることにした。途中お蕎麦屋さんで休憩したあとプリンス・ショッピングセンターへ。
    敷地は5つのエリアに分けられとても広く全部を見ることができなかった。日を改めてゆっくり来ることにし、帰路へ。東京に近づくにつれブルーな気持ちになるほど(気温も上がっていくし)、とても楽しかった。

    軽井沢旅行1

    8月19日、軽井沢へドライブ旅行。てるてる姫ミハルのおかげ?で旅行当日は晴れの天気となった。
    お盆明けで環八通りも渋滞せず、二時間あまりで軽井沢の手前の横川に到着。軽井沢の街中は混みそうなのでサービスエリアの麺類で昼食を済ませる。
    「夏の軽井沢の渋滞は絶望的だ」とガイドブックに書いてあった通り車の列が全く進まず、中心街を避けることにし北軽井沢方面へ。今日は景勝地の観光、明日は軽井沢の街中散策とアウトレットで買い物の予定。
    標高が上がるにつれて気温が下がり窓を開けると24度の涼しい風が入る。同じ頃の東京は37度!!
    雄大な浅間山を左に見ながらしばらく緑道を走る。
    まずは白糸の滝へ。アプローチとなる緩やかな山道を登る。道の両脇には滝から落ちた水が流れ、一段とひんやりした空気を感じながら百メートルほど歩いて到着。滝壺はごく浅く、触るととても冷たい。木が生える土より2,3メートル下の層から、濾過された清水が染み出て落ちる様子が間近に見られる。

    白糸1(軽井沢)

    白糸2(軽井沢)


    レースのカーテンのような白糸の滝のそばでマイナスイオン浴をして、次は浅間山の麓にある鬼押し出し園へ。
    「鬼押し出しは」1783年の浅間山大噴火により流れ出た溶岩で形成された岩海の奇勝地で、当時の爆発の様子が火口内で鬼が暴れて岩を押し出しているようにたとえられたことからこの名がついたという。園内は両輝石安山岩の岩海の奇観を散策できるコースのほか、高山植物が観察できるコースもある。

    鬼押出1


    中心にある浅間山観音堂をめざし、参道を歩く。観音堂には大噴火で犠牲となった霊を供養する聖観世菩薩が祀られている。

    鬼押出2


    時間と体力の問題で観音堂より上にある高山植物エリアを断念、高原の素晴らしいパノラマを眼下に参道を下りる。

    鬼押出


    鬼押し出しより10分ほど走り、今夜の宿「小さな温泉ホテル カントリー・イン・マゼンタ」へ・・・

    ホテルに到着し一休みした後、歩いて浅間牧場へ。5分ほどで到着。
    牧場は山の斜面にあり階段でのぼりきると、視界が開けて浅間山から遠くの山々まで、緑の風景を見渡せることができた。
    牧場はとても広く結局一頭も動物を見つけられないまま下りて、売店でビールを飲んで宿へ帰った。

    浅間牧場2
    外国の風景画みたい

    Appendix

    プロフィール

    ボサベガ

    Author:ボサベガ
    誕生日:7月7日
    血液型:O型
    特 徴:のんびり屋
        方向音痴
    ボサノバ、旅行、温泉、甘いものが好き。

    最近の記事

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。