Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    JOYCE、ブルーノート

    7月27日、ジョイスのライブを聴きにブルーノートへ。
    ジョイスはブラジルの音楽シーンを代表する女性アーティストで、ボサノバやサンバ・ジャズを中心として作詞作曲、ギター、ヴォーカルをこなす。
    ブルーノートでの夏の公演は毎年の恒例イベントとなっている。
    今年はジョイスの旦那さまトゥチ・モレーノがドラマーで参加する。
    東京のブルーノートは初めてでわくわく、お店の雰囲気を楽しみながら友達とワイン片手におしゃべりしていたら、ライブが始まった。
    ジョイスのスキャットはリズミカルな早口で楽器のよう。
    彼女の歌に合わせてトゥチのドラムが絶妙なタイミングで入る。さすが夫婦!
    全部で15曲を演奏した中でも、アンコールで歌った代表作「FEMININA」がやはり最高に盛り上がった。
    さわやかで且つ情熱的な生声とギターに感激し、「FEMININA」を口ずさみながら帰った。
    スポンサーサイト

    サンリオピューロランド

    はるばる姫路から姉と4歳の姪が東京に遊びに来た。
    3人で多摩センターにあるサンリオのテーマパーク「サンリオピューロランド」へ。屋内型の施設で雨も熱中症も心配が要らない。
    施設内は全体的に暗く、内気で気まぐれな姪のテンションが下がり始めた。「帰る・・・」
    ウサハナのバースデーショーが始まってしばらくするとだんだんサンリオワールドに引き込まれ、ショーの締めくくりにはちびっ子達のダンスに一人で参加しに走って行ってしまった。あーよかった。
    その後いくつかアトラクションを巡りながら、私と姉は「パンフレットが読みにくい」「暗い、動線が悪い」「値段が高い」とぼやいていた。でも姪はキティちゃんやモカと写真が撮れて超ご機嫌だったので、私たちも楽しむことができた。キキララやパティ&ジミー、ゴロピカドンなど懐かしいキャラクターに会えて、それなりに興奮♪

    sanrio1
    かわいいけど暗い!

    sanrio2
    マイメロディー

    benesse

    これはサンリオのキャラクターではなく、多摩センター駅
    の途中にあるベネッセビルの前のオブジェ。


    紫蘇ジュース

    いつもより早起きして紫蘇ジュース作りに挑戦した。
    私が住むアパートの敷地の数箇所に青紫蘇が群生している。敷地内はペットの散歩が禁止されているため衛生面も大丈夫。なるべく虫食いのない葉っぱを選び、ざるが一杯になるまで摘んだ。
    葉をきれいに洗って1.5リットルの水を沸騰させた鍋に放り込んで5分中火、ゆで汁を布巾で漉す。(葉っぱも軽く絞る。)
    これに砂糖300~500g加えて溶かし、クエン酸10~15gを加え15分弱~中火で加熱、冷まして原液のできあがり。
    クエン酸を加えると、黄色っぽいゆで汁がピンク色に変化した。赤紫蘇ほど赤くならないけど、茹でる時にほんの少しだけ「ゆかり」を入れたからきれいな色になったのかな?
    原液1:水(または炭酸)3の割合に薄めて飲む。

    siso3
    さっぱり甘酸っぱい、初夏の味

    カレーライス

    近所のスーパーで、ハウスカレーの復刻版を見つけ、気になったので買ってみた。

    カレー箱


    私のカレー作りに外せないのは、にんにく、しょうが、あめ色に炒めた玉葱、それに骨付きの鶏肉。(ルーにはこだわらないのに・・・)
    圧力鍋を使うと鶏の軟骨までやわらかくなり食べやすい。

    出来上がりは黄色くてさらさら、昔懐かしい日本のカレー。
    でも見た目はアジアっぽい?

    カレー

    アスパラと茄子が入った夏野菜カレー

    群馬旅行3

    午前、積善館を出て奥四万湖へ。四万川を「四万川ダム」によって堰き止めてできた人造湖で、近年四万町の新名所となっているらしい。温泉街から車で5分ほどで到着、まず巨大なコンクリート構造物のダム堤に圧倒される。
    堤の橋から見下ろすと、目の醒めるようなエメラルドグリーンの水面に吸い込まれそう!
    四万ダム

    四万を出て六合村の道の駅にも寄り、2時間弱で草津に到着。

    湯畑
    湯畑の「湯滝」

    中心地から少し歩き、無料の共同浴場「長寿の湯」にお邪魔した。
    お湯がすごく熱くて、出たり入ったりを繰り返した。入浴後は体は温まったけど意外にさっぱり、べとつかず気持ちいい湯上り。

    中心街に戻り、蕎麦屋「三国屋」で遅い昼食をとり、再度散策、茶房「ぐーてらいぜ」でお茶をして草津を出た。

    帰りの山中で無名の温泉地の案内標示をたくさん見かけた。次回は秘境の温泉も訪ねてみたい。

    Appendix

    プロフィール

    ボサベガ

    Author:ボサベガ
    誕生日:7月7日
    血液型:O型
    特 徴:のんびり屋
        方向音痴
    ボサノバ、旅行、温泉、甘いものが好き。

    最近の記事

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。